~鋭意、奮闘中。ダイエットの日々~

日々、一進一退しながらダイエットに奮闘しているというお話です。

1年間の体重の推移。

 

「どうも最近、お腹周りのお肉のだぶつきが気になるなぁ」

「前かがみになると明らかにお腹のところでつっかえる感じがするなぁ」

と感じたのが、ちょうど1年前の2021年5月。

 

ふと体重計に乗ってみると、デジタル表示は「67.3㎏」。

以前は61㎏くらいでしたので、いつの間にやら6㎏以上も増加している。

 

や、やばい・・・。

 

そんな気持ちの焦りから、突如、ダイエット大作戦を始めました。

目標は「目指せ!マイナス7キログラム!」。

作戦のメニューは、「30分間のウォーキング」と「食事制限」。

 

30分間のウォーキングは、仕事の帰りに駅から歩く。

少し遠回りして、30分間は歩き続けるというもの。

休みの日は、自宅の周辺を約2.5㎞、30分間歩く。

そして食事制限は、お昼ごはんの白飯を今までの半分以下にすることと、

晩ごはんの全体量を減らす、という、なんとも原始的なやり方。

 

さてさて、ダイエット大作戦を開始してから

1年が経過しました。

 

1年間の体重の推移はこちら。

 

 

ダイエット大作戦を開始した2021年5月の体重は67.3㎏。

30分間のウォーキングと食事制限、

そして腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットといった簡単な筋トレも取り入れて。

 

ダイエットを開始してから3か月後の8月には、マイナス4.6㎏。

体重は62.7㎏まで減少。

ここまでは順調に下降曲線を描いていましたが、

ここからがなかなか落ちない。

毎日歩いても、食事制限をしても、

体重の変化が見られない停滞期が続いたわけであります。

 

そして8月から9月にかけてグンと落ちていますが、

これは大腸の病気で入院したから。

大腸に炎症が起こる「虚血性大腸炎」で1週間の入院。

治療のため約4日間の絶食したわけです。

そして、意気揚々と退院するも、

今度は大腸(S状結腸)に穴が空いて再入院。

初めての手術も経験し、2週間の入院生活を余儀なくされました。

トータルして約3週間、うち8日間の絶食。

当然ながら筋力も落ちるわけで、体重はミニマムで57.8㎏まで減少。

 

そういう状況だったので、秋ごろはウォーキングを一時お休み。

食事の量もあまり増えなかったことから、60㎏未満を維持した状態が続きました。

 

そして12月に、2度目の手術を経験。

2週間の入院生活を送り、5日間の絶食を経験しましたので、

その時に一時的に体重が減少していますね。

 

さて問題はここから。

 

2022年1月以降、体重はどんどん増加する一方。

最初のうちはあまり気にしていなかったものの、

平均体重が2月頃に61㎏、3月頃には61.5㎏。

61.5㎏を過ぎたころから「あれあれっ??」と思いだし、

慌ててウォーキングを再開。

でも、1年前と違って、毎日実行できないんですよね。

足が痛かったり、仕事から帰るのが遅くなったり・・・(言い訳)。

 

そして、あっという間に4月には62㎏を突破。

増加に歯止めが効かず、5月の平均体重は62.8㎏。

ウゲゲっ!

最近は63㎏台を記録することもしばしば。

アチャーっ!

 

1年前と現在とでは何が違うのだろうか、と自分なりに振り返ってみたところ、

考えられることが三つありました。

 

まず一つ目に、ウォーキングが毎日実行できていない。

1週間に3日~5日程度にとどまっている。

二つ目に、晩ごはんの量が多いと思う。明らかに満腹感がある。

主食の後の楽しみである「ヨーグルト&フルグラ」がよくないのかもしれない。

三つ目に、筋トレをやっていないこと。

お腹の手術をしたので腹筋に力を入れるのが怖い、という気持ちから、

なかなか筋トレ実施に至らない現状・・・。

 

あぁ、原因が分かっているんだったらちゃんとやんなさいっ!

って話なんですけどね・・・。

 

ちなみに今朝、測定した体重は37.8㎏。

どうやったら体重増加が止まるのか悩みに悩んでいる、

今日この頃でした。

 

ゴールデンウィーク期間中に食べ過ぎた。

 

世間では「ゴールデンウィーク後半」などと言っておりますが、

僕の中でのゴールデンウィークは終わりました。

既に仕事モードに入っております。

 

4月末に抱えていた右ひざの痛みも、

2日ほどで回復。

ウォーキングも再開しました。

 

5月に入り、日中はかなり暖かくなりましたので、

ウォーキングをするには良い季節になりましたね。

 

さて、

今朝、仕事に行こうと思うと、

iPhoneのヘルスケアアプリから、何やらメッセージが表示されている。

 

なになに?

 

体重が13週間で上向きのトレンド?

わかっとるわい!!(怒)

 

と思いつつ、じっくり見てみると、

13週間(約4か月)で、

平均体重が59.86㎏ → 61.79㎏になっている。

その差「1.93㎏」。

確実に体重が増えている・・・、ということをiPhoneに教えられた。

 

 

はいはい、わかっていますよ。

でもね、増える一方なんですよ(涙)

 

実は、ゴールデンウィーク期間中に食べ過ぎたこともありまして、

体重が一時的に63.5㎏までいってしまいました。

 

今朝の体重計測も62.9㎏。

あんまり変わらんか(苦笑)

 

体重増加に歯止めが効かずに焦ってきた、

今日この頃でした。

朝起きると、ひざが痛い。

 

4月29日の祝日は朝からほぼ1日中、雨が降っていました。

寒気が北側から降りてきたようで、4月下旬というのに肌寒い一日。

 

そんな日の朝、目が覚めて「あれっ、右足が痛い」という感覚。

痛いというか動かせない。

 

少し落ち着いてくると、右の膝が動かないことに気づきました。

布団の中で、膝をゆっくり伸ばしてみる。膝をゆっくり曲げてみる。

しばらくすると、ゆっくりながらも動くようになりましたが、

起き上がるときに力が入らない。あれあれ??

 

 

時間の経過と共に、痛みは和らいできたものの、

やはり立ち上がったり歩いたりすると、痛みが走ります。

 

今日は休みだから、ウォーキングに行くぞ!

と意気揚々でしたが、外はあいにくの雨。

右ひざも痛いし、今日のウォーキングは中止だわ。

 

朝に計測した体重は61.7㎏。

62キロ台では無かっただけでもホッとしますが、

それでも61キロ台後半には変わりない。

 

折角のゴールデンウィーク

周りの景色を楽しみながらウォーキングがしたいので、

早くひざの痛みが引かないかなぁと思う、今日この頃でした。

 

内視鏡検査(大腸カメラ)を受けました。

 

先日、内視鏡検査(大腸カメラ)を受けてきました。

 

ことの発端は、

2021年8月にS状結腸穿孔(大腸に穴が空く病気)に見舞われて緊急手術。

そして、その暮れの12月に2度目の手術を行いまして。

その後の検査、ということで、手術後4か月半が経過した頃の検査です。

 

大腸カメラの経験は今回で2度目。

初めての大腸カメラ検査は、去年の8月に虚血性大腸炎で入院した時。

浣腸がとても辛くて、えらい目にあいました。

その時の恐怖感が残っているので、

今回の検査もかなりの緊張感というかプレッシャーがありました。

なにが嫌って、検査前に大腸の中のものを全部出しきらないといけないのですが、

そのための薬剤を大量に飲まないといけないんですよね。

 

大腸カメラに関する情報をホームページで収集したところ、

事前の準備が大切みたいですね。

その事前の準備とは食事管理。

 

大腸カメラの検査前に食べない方がよいものとして、

キノコ類、ナッツ類、海藻類、豆類、トウモロコシ、根野菜、

納豆、ひじき、そば、薬味など。

食物繊維が多いものや小さな種があるよう食べ物は

大腸に残りやすいんだとか。

 

こういったものは、検査の3日くらい前から食べるのをやめてひたすら我慢。

検査の前日は、朝から消化の良いおにぎりを食べて、

昼は「クリアスルー」という大腸内視鏡専用検査食というものがありまして、

レトルトの鮭がゆと肉じゃがを食べました。

夜も同じく検査食のクリームシチューとクラッカー。

なんだか物足りないので蒸しパンをぱくり。

「20時までに食べ終わってください」という指示があったので、

その指示に従って、20時までには食べ終わったわけであります。

そして、21時にピコスルファートナトリウムという薬を服用。

さっそく30分後に、お腹の違和感とともにトイレへ駆け込む。

 

さて、検査当日。朝の8時。

腸管洗浄液「モビプレップ」という、

シャンプーの詰め替えのような透明の容器に粉が入った薬があるのですが、

その袋の中に自分で水を入れて調合し、しっかりと振って混ぜる。

このモビプレップを、1時間かけてゆっくり飲み始めました。

その量、コップで6杯、約1リットル。

9時頃から15分間隔でおトイレに。

少し落ち着いてきて30分間隔に。

2時間の間にトイレの回数合計8回。まさに無限トイレ。

 

そして、病院に向けて12時前に出発。約50分かけて病院へ。

検査の予約は13時半からでしたが、13時過ぎには看護師さんに呼ばれて検査室へ。

鎮静剤を打たれて少しぼ~っとする中、検査は順調に進んでいき、

20分ほどで終了。

 

 

予想していたほどの苦痛もなく、

鎮静剤の効果が落ち着くまで安静にした後、

無事に帰宅したわけであります。

結果については聞かされませんでしたが、

来月の外来診察で教えてもらえるのかな。

 

さて、現在お腹の中は空っぽの状態ですので、

今の体重が、最低体重ということになるわけですが、

計測してみると、61.3㎏。

これじゃ、飲み食いすると62㎏くらいすぐにいくわな。

 

ここ4か月、iPhoneのヘルスケアアプリに入力した平均体重は、

12月:59.4㎏

1月 :60.0㎏

2月 :61.1㎏

3月 :61.5㎏

でしたから、やっぱり増加傾向にあることは間違いない。

 

40歳を過ぎれば内視鏡検査は必要だといいますが、

出来れば受けたくないなぁと思う、今日この頃でした。

体重増加に歯止めがきかない。

f:id:ayazono_muro:20220414170145p:plain

 

2021年8月にS状結腸穿孔(大腸に穴が空く病気)に見舞われ、

その暮れの12月に2度目の手術を行いました。

退院したての体重は「59.3㎏」。

ダイエットを始めた21年5月の体重が「67.3㎏」でしたから、

ずいぶん瘦せたなぁ、と喜んでおりました。

(まぁ、痩せ方は健康的ではなかったのですが:汗)

 

さてその後、毎日のように体重計に乗っております。

その体重は、iPhoneのヘルスケアアプリで管理しております。

そのアプリを見ると、体重の推移が分かるのですが、

改めて、平均体重の推移を見てみると・・・

 

12月:59.4㎏

1月 :60.0㎏

2月 :61.1㎏

3月 :61.5㎏

 

みごとに、みごとに、増加しております。

増加の一途をたどっております。

薄々、気づいてはいましたよ。体重が増えていることには。

 

たしかに、月に0.5㎏ずつ増加しておりますな。

 

そして4月現在。

平均して61.9㎏。

ほ~ら、やっぱり!

0.5㎏増えてるやん!!

 

やばいなと思った3月初め。

久々に、約30分間、2.4キロメートルのウォーキングを再開しました。

毎日とはいきませんが、月の3分の2くらいは歩いています。

でも、結果的には、3月も0.5㎏増加して、

4月にも更に0.5㎏増加している状態。

 

第1回ダイエット大作戦を始めた昨年5月の頃は、

1か月でマイナス3㎏という、非常にわかりやすい効果がありました。

しかし、今は歩けど歩けど、月に0.5㎏ずつ増加する一方。

歯止めがきかない。

ウォーキングをしても、以前のような爽快感や達成感のようなものはなく、

今はただしんどいだけ。

会社の帰りがけに30分間ウォーキングしてから帰宅すると、

精も根も尽き果てた、というくらい、グデーっとしてしまいます。

 

ウォーキングの疲れと体重増の不快感から、

ウォーキングのモチベーションが上がらない、今日この頃でした。

ダイエット大作戦を再開するも効果なし。

f:id:ayazono_muro:20220407175255p:plain

 

S状結腸穿孔という、大腸に穴があく病気をしまして、

体重が57.8㎏まで落ちたこともあったのですが、

だんだんとリバウンドしてきて、とうとう62㎏台に!

 

ベスト体重が60㎏くらいなので、

何とかそこまで戻したい!

と強い意思を持ち、ダイエット大作戦を再開しました。

 

そして、4週間が経過しましたが、

効果はというと・・・

ん~、微妙。

どう頑張っても61㎏を下回らない。

 

少しは目に見えるくらいの効果があるかなぁ~、と期待したけれど、

今のところは効果なし。

増えないだけマシか!?

ということはだ。

食事の量が多いことになるか。

朝か?昼か?夜か?

 

朝はパンかおにぎり1個。

昼も、以前よりもお茶碗のご飯を半分以下にしている。

ということは、夜の食事かぁ。

食べ過ぎているのかなぁ。

 

あまり体重に変化がないと、モチベーションが保てるかどうか心配だなぁと思う、

今日この頃でした。

3回目のワクチン接種をしてきました。

f:id:ayazono_muro:20220322165226p:plain

 

体重増加に歯止めがかからず、

これはやばい!と思いつつも、冬場の外は寒いですからね。

なかなか通勤以外に外に出る気になれない。

 

なんてことを考えておりましたが

3か月で2.4㎏も体重が増えてしまいました。

ということで、久々にダイエット作戦を決行。

いわゆる、30分間のウォーキングです。

有酸素運動をして、脂肪を燃やそうってわけで。

 

ウォーキングも3日坊主にならないようにと思っていたころ、

3回目の「コロナワクチン」の接種日がやってまいりました。

さすがに注射を打った後にウォーキングするのはやばいかな、と思い、

注射を打つ前に、ササっと30分間のウォーキングを済ませてから病院へ。

 

結構、たくさん人がいましたけど、ほぼ待たずに接種会場へ案内されました。

「はい、左腕をだら~んとして~」とか言われて、針をブスっ。

その後は、副反応が出ないか、15分間様子を見て、

問題なければお帰りくださーい、とのこと。

 

おかげさまで、アナフィラキシーなどの副反応もなく、

接種から15分後に帰路につきました。

 

さて、ワクチン接種の次の日。

朝の6時に目が覚めて検温したところ、37.4℃。

おやおや、微熱があるじゃぁないですか。

僕の朝の体温は割と低い方で、36℃前後なんです。

ということは、37.4℃の熱が出ると少ししんどい。

 

朝食を食べて、10時頃にもう一度検温すると37.3℃。

その頃から頭痛も出始めて、注射した左手も上がらないくらい痛い。

なので、アセトアミノフェンを600mg服用。

 

午後には身体の倦怠感も出始めて、身体を動かすのもしんどくなってきた。

夕方の検温は37.2℃。まだ微熱があるなぁ。

そして夜の21時頃には37.9℃まで熱が上がってきまして。

 

僕は、ワクチン接種の1回目~3回目まで、すべて「モデルナ製」だったんです。

噂では「トリプルモデルナはしんどい」と聞いていたのですが、

結果的にワクチン接種の翌日は、ほぼ家でゴロゴロしていましたね。

 

今日はもう、ウォーキングは無理だな。

明日にはウォーキングできるかな、と、

折角軌道に乗り始めたダイエット大作戦を挫折しないか心配な、

今日この頃でした。